page contents

たれいちどっとこむ

やりたいことをやりたいように、がんばらないブログ

たれいちどっとこむ

UPS購入を決意

ぐああああああああ

騒々しいぞ主よ

ブレーカーが
落ちるんじゃああああああああ

冬季だからな
暖房も使用するだろう

デスクトップ型PCの電源が
落ちるんじゃああああああ

やれやれ喧しいぞ

あああああああああ
電力会社の陰謀かあああああ

枝葉末節
静まれ主よ

 

自宅のブレーカーが落ちるのです。

困るのです。

 

冬季のブレーカー落ち問題

冬になるとブレーカーが落ちやすい。

そんなのご家庭あるあるだと思われます。

 

 

考えられる理由

理由も考えてみる

一度に使用する電力量の過多

暖房、使うよね。

暖房がやっぱり電力量を使うんだよね。

PCもでっかいの使ってるしね。

 

消費電力多めなものは

電子レンジ、カーボンヒーター、

電気ストーブ、ドライヤー、

電気ケトルや掃除機とかが多めかな?

 

電気代は

一般的には

消費電力1000Wを1時間使用すると22円、だったかな

 

漏電とかの場合

もあるんだけど

ある程度タイミングが決まっているので

 

今回は電力量の話で考える。

 

対策

暖房やPCを使わないわけにはいかないので

ブレーカー落ちは覚悟するとして

PCにダメージがいかないようにする。

UPSの導入

UPS、一部の業界のひとには常識なのだが

聞きなれない言葉かもしれない。

 

UPSとは

無停電電源装置のこと。

停電などによって電力が断たれた場合にも

電力を供給し続ける電源装置である。

 

日本では一般に、商用交流電源に接続して使用する、交流入力・交流出力のものをUPS (Uninterruptible Power Supply) と呼ぶことが多いが、本来は入出力の種類に関係なく、入力断に対して出力が断(off)にならない電源装置の全てを示す。

引用:無停電電源装置 - Wikipedia

 

急な停電が起こっても

一時的に溜め込んだ電気でなんとか対応するよ

という装置である。

 

モバイルバッテリーの

家電版をイメージしてもらえば伝わるかな?

持ち運びはできないがな。

 

一般家庭でも購入、導入が可能だ。

面倒な設定とかは特に無く基本挿すだけ。

 

CyberPower 無停電電源装置  (常時商用給電/矩形波出力) 550VA/330W CP550JP

CyberPower 無停電電源装置 (常時商用給電/矩形波出力) 550VA/330W CP550JP

 
CyberPower 無停電電源装置 (ラインインタラクティブ給電/正弦波出力) 750VA/525W CP750SWLTJP

CyberPower 無停電電源装置 (ラインインタラクティブ給電/正弦波出力) 750VA/525W CP750SWLTJP

 

 UPSの蓄電池容量

まあ、容量がある。

これが大きければ多くの機器、

電力をまかなう事ができる。

パソコン一台なら500VAの商品でも大丈夫だろう。

 

とりあえずポチッてやった
反省はしていない。

反省の必要はないしな