page contents

たれいちどっとこむ

やりたいことをやりたいように、がんばらないブログ

たれいちどっとこむ

室内飼いの猫が脱走したときの心得

おはようございます。
たれいちです。

心得まとめ

twitter.com

華藻@ピアノ弾いてます

(@hanamo_07)さんの心得

 

とても大事なことなので

室内飼いの方は

読んでおいたほうが良いでしょう。

 

始めは動揺してしまうことでしょう。

まずは落ち着いて下さい。

 

 

うちも猫を飼っていました。

 

室内飼いだったので

脱走された経験があります。

 

容疑者画像

f:id:tareichi:20180511064007j:plain

「ラッキー」と「ココ」

「ラッキー」が稀に良く脱走しました。

ふすまやドア、窓の鍵も開ける技巧派です。

 

ガラケー時代に

撮ったもので

解像度が低い。

 

稀に良く脱走されるので

風呂場のドアの取っ手を

替えることになりました。

 

実際に替えた取っ手

f:id:tareichi:20180511071035j:plain

 

心得

・外で会った時は

 自分を飼い主(または奴隷)

 と認識してもらえないかもしれないことを

 覚えておいてください。

 

・入ってこられるように窓やドアを開ける。

 

・猫の名前を呼ぶ。

 ※大きな声ではなく

  落ち着いていつもの調子で。

 

・玄関にご飯を置く。

 或いは飼い猫の匂いが

 付いたものを置く。

 

・3日間は家のまわりにいるので

 3日以内に確保する。

 

少し探してみても

見つからないこともあるでしょう。

 

心配でしょうが落ち着いて。

数十分もすれば

玄関付近にいたりしますよ。

 

猫自身も不安なのです。